More

    レイヤードダンスミュージックコードを無料で作成する方法


    との協力で BandLab

    コードを組み合わせてリサンプリングし、巨大で巨大なメロディーを作成することは、長い間ファッショナブルなレコーディングと作曲のテクニックでした。 サンプリングの誕生に端を発する独創的なプロセスは、クリエイティブなプロデューサーが低RAMハードウェアサンプラーを最大限に活用する方法として1980年代に最初に開発されました。 この方法では、ミュージシャンが自分のシンセコードを重ねる前にサンプリングできるため、楽器を解放して他のパートを演奏することもできます。

    キーボードを上下に動かすと、移調されたダンスコードの独特の音に気付くでしょう。 これらのサウンドも今でも人気があり、この種のサウンドを目指しているプロデューサーに対応するために開発された専用プラグインが数多くあります。

    これは、ダンスフロアの支配を達成し、レイヤードサウンドを構築するために使用できるワークフローです。 BandLab エフェクトを付けて再インポートし、さらに処理して魅力的なメロディーを作成する前に。

    1.コードを録音する

    まず、いくつかのMIDIノートが必要になります。 インストゥルメント>シンセキー>ハウスオルガンを押し、ノートC2、G2、C3、C4、G4、C5を一緒に録音して、オープンコードを作成します。 これらのノートは一緒にメジャーまたはマイナー情報を含まず(EまたはD♭なし)、将来的に他のメジャーまたはマイナー音楽と組み合わせることができる最終的な柔軟なコードになります。

    2.倍増

    倍増

    トラックをさらに数回複製し、それぞれの楽器を変更します。 Synth Keys> Retro Synth Brass、Guitars> Acoustic Guitar、Voices> LushVocalsを選択してください。 これらの楽器はすべて同じ音を使用しますが、それぞれが異なる音色をサウンドにもたらします。

    3.サンプルの追加

    サンプルの追加

    メロディックな楽器だけを使用することに満足せず、特殊効果のセクションに浸り、電子タムヒットを選んでミックスに追加します。 BandLabのワンショットの保管庫も恐れずに掘り下げてください。 既存のコードと同じルートノートであるCのキーに深いサブキックを追加してみてください。 ボーカルループからのスニペットも追加します。

    4.上下に混ぜる

    アップ/ダウンのミキシング

    これらすべてのサウンドが同時に再生されるのは、ボリュームコントロールを使用して、個々のトラックの要素と他のトラックの要素のバランスをとる場合です。 満足したら、[ファイル]メニューに移動し、[ダウンロード]>[名前を付けてミックスダウン]を選択して、高品質のWAVファイルをレンダリングします。

    5.インポートとエクスポート

    インポート/エクスポート

    エクスポートしたWAVファイルを新しいトラックのBandLabにインポートし直します。 エディタウィンドウを使用して、各オーディオ領域の終わりにすばやくフェードアウトするようにします。これにより、カチッという音が聞こえなくなります。

    さて、楽しい部分です。ワンショットをリフに編集し、途中でさまざまなオーディオ領域の長さを試してみてください。

    6.それに切り刻む

    それに切り刻む

    エディタウィンドウには、いくつかの包括的な移調とリージョン長のコントロールがあります。 個々のオーディオ領域の+/-ピッチシフトボタンを使用して、それらを上下に移調し、メロディーを作成します。

    7.すべてを結び付ける

    一緒に結ぶ

    最後に、いくつかの効果を追加して、セクションを接着します。[エフェクト]タブをクリックして必要なウィンドウを開き、リバーブとEQを自動的に追加するラージホールプリセットを選択します。

    より弾力のある感触を得るには、[エフェクトの追加]をクリックし、[遅延]>[フィルターエコー]を選択して、ミックスレベルと好みの遅延時間を調整します。

    BandLabについて

    BandLab10ロゴ

    BandLab の主力デジタル製品です BandLab Technologies ‘ 音楽ブランドのポートフォリオ、および3,700万人を超えるユーザーのグローバルリーチを持つ主要なソーシャル音楽作成プラットフォーム。 BandLabは、クラス最高のデジタルオーディオワークステーション(DAW)とオーディオハードウェア部門を通じて、クリエイターが音楽を制作し、前例のないレベルでミュージシャンやファンとクリエイティブなプロセスを共有できるようにします。

    BandLab製品ファミリーには次のものも含まれます BandLab for Education、教室管理ツールを備えた受賞歴のある音楽作成プラットフォーム、および BandLabによるCakewalk、キャリアミュージシャンやプロデューサーのためのプロレベルのデジタルレコーディングスタジオ。





    Source link

    最近の記事

    関連記事

    Leave A Reply

    Please enter your comment!
    Please enter your name here

    運用を継続-受信トレイの毎日のニュースをGe