More

    自動化を使用して、BandLabでサイドチェーンスタイルのポンピングを作成する


    との協力で BandLab

    何十年もの間、ダンストラックは、サイドチェーン圧縮と呼ばれる手法を多用してきました。 これにより、キックドラムがミックスをカットし、プロデューサーがトラックのボリュームを上げると同時に、ダイナミクスを押しつぶすことができます。 これにより、ポンピング効果が得られ、トラックの残りの部分がキックに合わせて形を整えているように見えます。

    不可解な名前にもかかわらず、このテクニックの本質はかなり単純です。 これには、キックドラムの再生時に音楽の要素の音量を下げることが含まれます。 通常、この振幅低減処理を行うのはベースラインですが、一部のプロデューサーは、シンセ、パッド、さらにはトラック全体にエフェクトを配置します。

    この最も有名な例はおそらくEricPrdyzです。 コールオンミー、各ビートでローリングベースラインとシンセコードの音量が下がるのを聞くことができます。 しかし、もっとたくさんあります 明らかな例 そこには、キックが当たるたびにすべての楽器が瞬間的に消えるのが聞こえます。

    このチュートリアルでは、使用方法を紹介します BandLabの 複雑なサイドチェーンルーティングを必要とせずに、ポンピング技術を迅速にエミュレートするボリュームオートメーション。

    パッドの選択

    まず、効果をはっきりと聞くことができるように、長く持続するサウンドをプログラムする必要があります。 シンセパッドの選択に向かい、ストリングパッドを選択します。 1小節の長さのシンプルなニ短調コードから始めます。

    描画の自動化

    描画の自動化

    領域を拡大して、実行していることを簡単に確認できるようにします。 トラックの各ビートの音量を0にし、直前に最大音量まで上げる必要があります。 クリックして、位置1、1.2、1.3、および1.4にオートメーションノードを追加し、偏った鋸歯状の形状を作成します。

    ポンピング効果の変更

    ポンピング効果の変更

    独自のトラックを作成するときに、このオートメーションシェイプに固執する必要はありません。これは、同様に機能するボリュームカーブのバリエーションがたくさんあるためです。 ポンピング感を少なくするには、オートメーションノードを追加して音量レベルを最大に上げて半ビートにします。

    時間を節約するためにコピーして貼り付ける

    時間を節約するためにコピーして貼り付ける

    ステップ1でオートメーションの単一のバーのみをプログラムした理由は、複数のオートメーションのバーで描画するよりも、いくつかのノードを描画してそれらをコピーして貼り付ける方が簡単だからです。 リージョンをさらに3回コピーし、新しいリージョンごとにオートメーションを貼り付けます。

    新しいコードを作成する

    新しいコードを作成する

    自動化を維持しながら、コードを変更して関心を高めます。 既存のコードの個々の音符を2、3半音移動することは、基本的な繰り返しコードを新鮮なものに変換する簡単な方法です。

    パッドとキックを聞いて

    パッドとキックを聞いて

    パッドが自動化されている理由は、キックに道を譲るためです。新しいトラックにキックを追加してください。 ドラムキットメニューからチルウェーブキットを選択し、キックだけを使用して通常の4/4ビートをプログラムします。 2つのトラックを一緒に演奏すると、キックが演奏されるたびに、パッドのコードが邪魔にならないようになっていることがわかります。

    物事をさらに進める

    物事をさらに進める

    スタッター効果やフィル効果など、オートメーションレーンを使用して実行できる変換テクニックは他にもたくさんあります。 BandLabのボリュームとパンレーンを慎重に編集することで、持続的なサウンドをより魅力的なリズミカルなテクスチャに変換できます。 VocalClusterという名前のループでここで行ったことを確認してください。


    BandLabについて

    BandLab10ロゴ

    BandLab の主力デジタル製品です BandLab Technologies ‘ 音楽ブランドのポートフォリオ、および3,700万人を超えるユーザーのグローバルリーチを持つ主要なソーシャル音楽作成プラットフォーム。 BandLabは、クラス最高のデジタルオーディオワークステーション(DAW)とオーディオハードウェア部門を通じて、クリエイターが音楽を制作し、前例のないレベルでミュージシャンやファンとクリエイティブなプロセスを共有できるようにします。

    BandLab製品ファミリーには次のものも含まれます BandLab for Education、教室管理ツールを備えた受賞歴のある音楽作成プラットフォーム、および BandLabによるCakewalk、キャリアミュージシャンやプロデューサーのためのプロレベルのデジタルレコーディングスタジオ。





    Source link

    最近の記事

    関連記事

    Leave A Reply

    Please enter your comment!
    Please enter your name here

    運用を継続-受信トレイの毎日のニュースをGe