More

    BandLabでダイナミクスとディストーションを使用してブレイクビーツを作成する方法


    との協力で BandLab

    露出したドラムパーツをサンプリングしてブレイクビーツに変えることは、決して消えることのない人気のある制作テクニックです。 ただし、これらのサンプルをクリアすることは合法的な地雷原になる可能性があるため、多くのミュージシャンは、サンプルをリサンプリングして処理する前に、代わりにドラムマシンを使用して独自の休憩を作成し、より本物のザラザラした感じを与えることを選択します。

    これはで簡単に達成できます BandLab、オンボードビートをソースオーディオとして使用でき、無数のクリエイティブエフェクトでサウンドを快適に変換できます。 ここでは、BandLabのドラムマシン、ディストーション、コンプレッションを使用して、オリジナルのケミカルブラザーズスタイルのビートを簡単に作成できることを示します。 それを打ち負かしましょう。

    1.ソースサウンド

    105bpmで新しいプロジェクトを開始します。 ドラムマシンに移動し、インディーロックキットを選択します。 さまざまなプリセットパターンから選択できますが、まっすぐなロックグルーブであるパターンAを使用してください。

    2.輸出入

    輸出入

    ドラムループをエクスポートして、BandLabにインポートし直します。 これを行うにはいくつかの方法がありますが、最も簡単な方法は、リージョンを右クリックして、[リージョンのエクスポート]>[WAVとして]を選択することです。 次に、新しく作成したオーディオを別のトラックのBandLabにドラッグして戻し、最初のトラックを一時的にミュートします。

    3.あいまいになる

    ファジーになる

    新しいWAVファイルを選択した状態で、Fx Effectsに移動し、FXラックを開きます。[効果の追加]をクリックして、選択したカテゴリを表示します。 Distortion> Distortion ++を選択して、ステレオフィールドを絞り込みます。 ディストーションダイヤルを3.0に設定して、少しファズを発生させます。

    4.最大オーバードライブ

    最大オーバードライブ

    Distortion> BLDriverを介してオーバードライブをダイヤルインします。 ドライブダイヤルを5.0に設定し、トーンノブを最大レベルまでクランクします。 これにより、サウンドの音色にあまり影響を与えることなく、これらのジューシーなオーバードライブアーティファクトが導入されます。

    5.スカッシュをする

    スカッシュをする

    ドラムループをその寿命の1インチ以内に十分に押しつぶすには、2つのコンプレッサーを使用してそれを行います。 TecLab BA-2Aのゲインを+70に設定し、ピークを+50に設定して、ループのダイナミクスを均一にします。 次に、GTR Squeezeを使用して、よりアグレッシブな処理を追加し、トランジェントをシャープにして、サステインノブを4.0に設定してサステインテールのレベルを引き上げます。

    6.ミックスを修正する

    ミックスの修正

    ここでの目的は、派手で必死の感触を作り出すことですが、上記の処理は、ドラムの周波数バランスに大混乱をもたらした可能性があります。 EQを少し調整すると、サウンドのバランスを取りやすくなり、ミックスしやすくなります。 Tone> EQ3-M、シンプルな3バンドイコライザーを追加します。 ローノブとハイノブを+ 3.0dBに設定し、ミッドダイヤルを-4.0dBに設定して、物質と輝きの両方を備えた周波数「笑顔」を与えます。

    7.重ねる

    重ね着

    新しく押しつぶされた休憩は、ケミカルブラザーズのトラックから直接出てきたもののように聞こえるはずです。 少し混乱させるには、元のドラムトラックに戻って、ファンクキットに交換します。 これで、同じリズムが新しいサウンドで聞こえます。 2つのドラムパートのバランスをとることで、興味深いタイトでありながら独特の重さのあるサウンドが得られます。

    BandLabについて

    BandLab10ロゴ

    BandLab の主力デジタル製品です BandLab Technologies ‘ 音楽ブランドのポートフォリオ、および3,700万人を超えるユーザーのグローバルリーチを持つ主要なソーシャル音楽作成プラットフォーム。 BandLabは、クラス最高のデジタルオーディオワークステーション(DAW)とオーディオハードウェア部門を通じて、クリエイターが音楽を制作し、前例のないレベルでミュージシャンやファンとクリエイティブなプロセスを共有できるようにします。

    BandLab製品ファミリーには次のものも含まれます BandLab for Education、教室管理ツールを備えた受賞歴のある音楽作成プラットフォーム、および BandLabによるCakewalk、キャリアミュージシャンやプロデューサーのためのプロレベルのデジタルレコーディングスタジオ。





    Source link

    最近の記事

    関連記事

    Leave A Reply

    Please enter your comment!
    Please enter your name here

    運用を継続-受信トレイの毎日のニュースをGe